全画面表示を終了する
ヨコに読みます

ワンダー/ワンダー

2018年10月05日

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
ワンダー/ワンダー

ワンダー/ワンダー

瀧本羊子

閉ざされた世界で、二人きりで暮らすリュウとセイジ。ある日、一本の映画を観たことから、二人の関係に変化の時が訪れる――。

  • ワンダー/ワンダー
    2018/10/05

    ワンダー/ワンダー

コメント一覧

  • 瀧本羊子(たきもとようこ)

    本作でデビュー。スタイリッシュなキャラクターと卓越したテーマ性で、独自の世界観を生み出す新鋭。

  • 作者コメント

    漫画は描いてみるとはちゃめちゃに大変だということがわかり非常に勉強になるとともに、これまで自分を楽しませてくれた沢山の漫画作品に対する尊敬と感謝の念がますます高まりました。今回のきっかけが私とあなたの出会いになったら嬉しいです。

  • 連載作家応援コメント

    極限状態とエロス。官能的です。(信濃川日出雄)

  • 連載作家応援コメント

    まるで金魚鉢の中で泳ぐ2匹の金魚のようなお話しでした。 1匹は、この濁り無い水の中で泳いでいればいい。 もう1匹は、死んでしまうかもしれないけれど一度でいいから外気を泳ぎたい。 この短いストーリーの中だけでも 「その前」と「その後」を想像すると、とてもワクワクしました。 彼らはなぜ?どこから?ここはどこ?その場所は永遠なのか? そして行く末を分けた2人は望み通りの結末となったのか? 丁寧な世界設定だからこそ、明かされていない部分への興味が沸いてくる素敵な作品だと思いました。(愛南ぜろ)