全画面表示を終了する
ヨコに読みます

吸血鬼マルグリットと捨てられたプリンセス

2019年04月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
吸血鬼マルグリットと捨てられたプリンセス

吸血鬼マルグリットと捨てられたプリンセス

相川有/花鶏ハルノ

200年の封印を解かれ現代に蘇った高貴なる吸血鬼・マルグリット・ド・ヴァロアは、友情を結んだ姉弟と一時別れ、旅にでることに。そこで出会ったのは、子役にして映画界の大スター、ミア・ターナーだった。しかし大スターの彼女にも悩みがあって──?大人気読切マルグリットシリーズ第2弾!!

ローディング中…

応援コメント一覧

  • 原作

    相川有

    「一作目を読んでくださった方々ありがとうございました! おかげさまでまた吸血鬼マルグリットのお話を作ることができ、 感謝しかないです。第二弾の今作もほんの一時、 日常を忘れて楽しんで頂けましたら幸いです」 ネーム原作者兼漫画家。 作画の花鶏ハルノとは『千年迷宮の七王子』(一迅社)で初めてコンビを組むことに。 現在 『人外さんの嫁』(一迅社)で原作を担当中。 過去の漫画作品は『聖痕のジョカ』(作画担当)『DARK EDGE』『ミミツキ』など。

  • 花鶏ハルノ

    「再びマルグリットを描く機会をいただき、楽しんで描かせていただきました。今作はじめましての方も、前作から読んで下さっている方も、楽しんで下さったら幸いです。」