全画面表示を終了する

第亖話「風巫--かぜのむら--」

2022年09月02日

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
巨神姫戦記

巨神姫戦記

きしだしき

かつて神と人は、共に生き、共に襲い来る巨大な魔獣と戦っていた――。少年・ツチマルは、神に守られる人間という存在に無力感を抱いていたが、ある日、流れ者の職人がつくった一振りの剣によって人生が変わる……。

ローディング中…

この話への応援コメント

第亖話「風巫--かぜのむら--」

  • きしだしき

    第6回くらツイ漫画賞にて、「精霊の話」で推しツイ賞受賞。【くらげバンチ掲載読切】くらげファーム「動物に学ぶ求愛行動」「クモコイバナ」、読切「巨神姫戦記」。【作者コメント】刃物っていいですよね。ぴかぴかしてて綺麗で便利で。でかければ尚いいですよね。(きしだしき)【Twitter】@kisidasiki